· 

【広島市西区 T様邸 建物にフィットする逆勾配カーポートを設置!】準防火地域・建築確認申請

三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配
三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配

こんにちは!「本物とはデザイン×使いやすさ」本物の庭・エクステリアを創造する ジーアート です!

 

本日は、カーポート「三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配」の施工事例です。

 

ご要望は「この地域は準防火地域なので建築確認申請して、サイクルポートか自転車置き場兼カーポートを建てたい」という内容でした。

 

 準防火地域ですので、使用できる屋根材の確認など、準防火地域に対応できる計画から始まりました。

 

 

Before


【施工前】
【施工前】

こちらは施工前の写真です。

自転車置き場兼カーポートをこの場所に計画していきました。

 

 

After


三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配
三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配

この度は、三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配をご提案させていただきました。

 

三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配は、柱側(建物側)の高さが高く、軒側(道路側)が低い屋根に設計されています。

 

この事により、デザイン的には建物との一体感が増し、機能的には道路側の屋根が低いので、雨風の吹込みを減らすことができます。

 

また、柱の位置も窓にできる限り掛からないようにずらし、細かなことろにも配慮しています。

 

 

三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配
三協アルミ ニューマイリッシュ 逆勾配

カーポートの色は、窓サッシに合わせてアーバングレーを即決。

 

でも、屋根の色にはちょっと悩まれました。

小さなサンプルだとなかなかイメージしずらいですよね。

 

 

熱線遮断ポリカ(かすみ)
熱線遮断ポリカ(かすみ)

最終的に決められたのが、こちらの熱線遮断ポリカ(かすみ)です。

 

通常のポリカのかすみは、透明度が高いのですが、この熱線遮断ポリカは青みがかかっています。

 

実際の施工写真を見てみるとこの青さは良い感じですね!

見る角度によっても、天候によっても若干色味が変わります。

 

 

樋

樋はこのように取り付けられます。

 

今回のようなリフォームの時は、雨水桝に接続できないので、基本的には自然排水になります。

 

今回は樋の排水口付近は砂利敷きなのでそこに排水していきます。

 

※仕方なくコンクリートへの排水する場合は、残念ながら汚れが目立ってしまいます。新築時にはできる限り排水方法も配慮しておきましょう!

 

この度、施主様は2プラン考えておられて、

 

①この道路に平行の駐車場に自転車置き場兼カーポートを設置。

②奥側のお庭にサイクルポートを設置。

 

という案がありました。

 

建物の建築図面を見せていただくと、建築基準法での居室(LDK)の採光がお庭側の窓で取られていることが判明。

お庭側にはサイクルポートは建てられない、または建てても小さなサイクルポートになってしまいます。

 

現実問題、あまりメリットが感じられないので、②案はなくなりました。

 

①案で進めた結果、建築確認申請、完了検査も無事に終わり、

 

このような施主様に喜んでいただける自転車置き場兼カーポートが完成しました!

 

今まで奥側に停めていた自転車を表に置くことで、

「子供たちの自転車の利用頻度が増えて大変満足されている」とお聞きし、とてもうれしく思います!

 

この度はジーアートにご依頼いただきまして感謝いたします!!

 

 

 

 

 

 

 

≪前の施工事例へ   施工事例一覧へ   次の施工事例へ≫

カテゴリ別ブログはこちらから≫≫