· 

【広島市東区 リフォーム アイアン手摺・土間テラス】

アイアン手すり・土間テラス
アイアン手すり・土間テラス

本日はアイアン手すり・土間テラスのやり替えです。

 

内容は、既存土間テラスに大きなムラと細かいヒビが入っていて(他社施工)、

やり替えて欲しいとのご依頼でした。

 

下の写真が既存土間テラスですが、ムラが多く、

写真ではわかりませんが、細かいヒビがたくさん入っていて、

仕上がりに納得がいかないとのことでした。

 

 

既存土間解体開始です。

 

コンクリートハンマを使って解体していきます。

 

建物や地面を汚さないように解体前の養生は大切です。

職人さんは、炎天下でも作業をされます。

 

最近は、空調服が欠かせません。

フルパワーにして暑さを少しでも緩和しています。

 

空調服とは、服に付いた小型ファンで、服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことにより、汗を気化させて、涼しく快適にすることができます。

 

とはいっても、いくら空調服を使っても暑いのは暑いですけどね。

モルタルは、セメントと砂と水を混ぜて作りますが、

手で混ぜると大変です。

 

そこで、モルタルミキサーの出番です。

 

セメントと砂を入れ、空混ぜしてから、

さらに水を入れながら混ぜていきます。

 

機械だと早いし、楽に混ぜることができますね。

ベースモルタルで下地を作っています。

 

下地から作り直さないとキレイには仕上がりません。

 

仕上げ材を塗ると見えなくなるところですが、下地は大事です!

仕上がりに大きく影響します。

定木を使って真っすぐに、

キレイな角を作っていきます。

完了しました。

下地からやり替えたので、乾くとキレイになっていきます。

やはり丁寧な工事が大事ですね。